ダイエットすると生き方が変わる

私の場合、とかく楽な方法を選びたがり、運動もどうも長続きしないので、医師直伝のちょっと厳しめの「スーパー糖質制限プラス時々、まあええやろ」を選んだ。

時々まあええやろとは、厳しめのスーパー糖質制限を継続しておいて、会食などでどうしても選択が出来なくなった時、京都弁の「まあ、ええやろ」の精神で、想定内脱線を許すスタイルだ。

ところが、その結果、久し振りに食べた糖質の高い食品が本当に美味しいかというと、決してそうではない。しばらく口にしていないと、糖質の高い食品は、特に食べたくはなくなる。

ならば、変な妄想で食べたい食べたいと考えるのではなく、一度食べて「ああ、こんなものか」とこだわりを捨てた方がいい。だから「まあ、ええやろ」と食べてみる。

糖質制限という食事療法の本質は、ものに捉われずに、本当に健康によいもの、自分の健康のためになるものを、機に応じて、選んで食べるという「考え方」への転換なのである。

つまり、糖質制限というのは、単なる食事療法だけではなく、健康な身体を長く維持するための「意識の転換」であり、大げさに言えば、生き方自体を変えることなのである。

江戸時代の尾張藩の横井也有も、糖質制限ではないが、次のような「健康十訓」を残して、健康を守るための基本ポリシーを伝えている。

「健康十訓」

少肉多菜
少塩多酢
少糖多果
小食多齟
小衣多浴
小車多歩
小憂多眠
小憤多笑
小言多行
小欲多施

なるほどと思えるものばかりだが、糖質制限を続ける際も、いくら肉を食べてもいいといっても、脂味の多い肉ばかりを大量に食べてはいけない。質の良い赤身を中心に、同時に野菜をタップリ摂ることが大切だ。

糖質制限は、糖尿病治療のみならず現代の四大死因、五大疾病とされる、がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患、精神疾患、そして糖尿病などの予防と改善につながることが分かっている。