太陽の下で深まる友好関係

もう10年以上前の話になりますが、わたしは大学生になってしばらくしてからインカレのサークルに入りました。

そもそもそんなにサークルに入るということに興味がなかったわたしでしたが、唯一の趣味であった女性のアイドルを応援するいわゆるヲタクを存分にできるようなヲタクの集まるサークルがあり、友人にそれに入ろうと誘われたのをきっかけに入ることにしました。

別の大学の知らない友達や先輩がいる環境でわたしは友達ができるのかとても不安でした。

そんなときに新入生歓迎会を含めてある大きな公園で遊ぼうという計画が立てられました。

そこの大きな公園でみんなでレジャーシートをひいてお昼ご飯を食べて、みんなでワイワイ遊ぼうと行った趣旨で行われて、女の子たちはお弁当を作ってくる係でした。

20名くらいいる部員たちなのですが、女子は7人くらいでした。なんとなくどれくらいの量を作ってくればいいのかを部会やグループラインで話し合って、当日の朝はみんなより少し早く起きてお弁当を作りました。

人生で初めて誰かのためにお弁当を作ったので持っていくのがとても緊張しました。

当日はとても素晴らしい晴天で、草花の生い茂る良い季節でした。

そんな中部員のみんなで大好きな女性アイドルたちの話題をはじめとするたわいもない話をしました。

そしてみんなでレジャーシートをひいてまずお弁当を食べました。

自己紹介兼お弁当紹介をしてみんなで箸で突っついて食べました。

すると、この弁当は誰が作ったの?といった感じで自然と話せなかった人とも話せるようになり、いろんな人と仲良くなることができました。

おそらく全員と話せたと思います。そのあとはのんびりする人はのんびりして、希望者でキャッチボールやフリスビーもしました。

人数がいたので野球の試合もできました。

サークルといえば飲み会!といったイメージが強いかとは思いますが、わたしはこういった飲みが無くとも楽しく盛り上がれるサークルに入ることができて良かったなと思いました。